5Gとは?私たちの生活の何が変わるのかを解説 - inokawablog

    5Gとは?私たちの生活の何が変わるのかを解説

    5Gによって携帯やスマホを超える変革が訪れると言われています。

     

    「5G、なんか聞いたことある、速いやつでしょ?」のような方々が多いのでは無いでしょうか?

    スマホだけでも革命的と言われたのに、それを超えるかもしれないものが出てこようとしています。

    それを少しでも理解できれば、これから起こる大きな変化を楽しむことができるかもしれません。

     

    5Gすなわち、5 Generation

    それは移動体通信の第5世代ということです。

    “移動体通信”というのは、携帯電話やPHSなどの、無線を利用したサービスのことです。

    じゃあ1~4世代はなんなのか。ちょっとだけ歴史を見てみましょう。

    1~4世代の説明ををざっくりしていきます。技術的な細かいところは省きます。

     

    1G

    1980~

    これはすなわち携帯電話のことです。

    サービス自体は1999年に終了しています。

    この頃はいわゆるデータ通信は存在せず、通話機能のみ。

    端末もかなり大きく、移動はできるが持ち運びには適さない機種が大半でした。バブルのネタとかに出てくるあのごつくて黒い携帯電話です。利用料金がめちゃめちゃ高額でした。

     

    2G

    1993~

    メールができるようになりました。

    インターネットを通じて、モバイル端末でサイトを見るということができるようになりました。

    機種によってはPCサイトビューという機能を搭載しており、疑似的にPCサイトを見ることは可能でしたが、機能の制限は多く、通信速度もかなりの低速。

    制限は多かったものの、現代社会におけるモバイル端末でのインターネット閲覧という文化の原型と言えるものでしょう。

     

    3G

    2001~

    ここら辺からみなさんが通信というものを意識し始めた頃だと思います。

    3Gは電波が届く範囲が広く、多くの場所で利用できる反面、通信速度が遅くなってしまうとういうデメリットがあります。画像が後から表示されたり、カクカクしたりするのはとてもストレスがたまりますよね。

     

    1世代ごとに確実に進化しているのは確かです。

     

    4G

    2012~

    3Gよりも通信速度が優秀です。

     

    ちなみに、LTEは「Long Term Evolution」の略称で、3Gを高速化して4Gへの移行をスムーズにするために開発されていました。つまり3Gと4Gの中間的なもので4G(仮)みたいな感じです。4GとLTEはほぼ同じだと考えてもらって大丈夫です。

     

    だいたい10年おきに世代が1つ上がっていますね。10年というのは通信における一つの大きなポイントかもしれません。

     

    さぁここから5Gのお話です。

    要点をまとめてそれぞれ説明していきます。

    5G

    2020~

    5Gでできることは大きく分けて4つ

     

    高速大容量通信

    そのまんまですね。大量のデータを高速で送れます。

     

    超低遅延、超高信頼性

    今まで動画や容量の大きいゲームや画像をみているときにカクカクすることもありましたね。

    それが全く(人が認識できないレベルで)無くなります。

    超高信頼性というのは

    「超なんとか」ってなんか胡散臭い言葉ですね(笑)。

     

    多数端末同時接続

    これもそのまんまですね。一つのサーバー内に複数の端末が大量に接続することができます。これはゲームにおいては素晴らしい革命だと思います。

     

    「ゲームのイベントなどでアクセスが集中してサーバーが落ちた!」なんてことはもう過去のものになってしまうかもしれません。とても嬉しいことです。圧倒的に快適にゲームをすることができます。

     

    もちろんゲームだけではありません。

    あらゆるものが大量に高速にデータを通信できればIOTが大きく発展します。

     

    省電力

    これは簡単に説明するのは難しいので省電力になりバッテリーの寿命が伸びるとだけ書いておきます。

    バッテリーといえば私たちの生活の一部となっているスマホのバッテリーの寿も5Gで大幅に伸びるのかどうか気になりますよね?

    5Gによりバッテリーを搭載した機器の寿命が大幅に延びると言われているのですが、スマホにおいては、スマホの高性能化によって他の部分にも多くの電力が必要になり、バッテリーの持ちが”飛躍的”に伸びることはないかと思われます。

     

    一体何が変わるの?

    いくつか例を挙げましょう。

     

    VR/AR

    5GのデモンストレーションはVR/ARが使われることが多いです。それは、技術がわかりやすいから。

    スマホなどを使っているとわかると思うが、大量の画像や動画を見るときはどうしても速度や性能を気にしてしまう。それがさらに要求されるのがVR/ARなんです。

    リアルタイム性が要求されるVR/ARには通信速度や遅延がないことが必須条件となってくる。そこで登場するのが5G。

    高速大容量通信、超低遅延によってそれらの問題が解決されればVR/ARの大きな発展といっても過言ではない。

     

    ゲーム

    3月にGoogleが発表した「Stadia」というクラウドゲームサービスを知っていますか?

     

    インターネット接続とGoogle Chromeのみで誰でもどこでも遊べるようになるという登録制のサービス

     

    ネット繋がればどこでもゲームができるってことなんです!端末は関係ありません。でもそこにはいくつか問題があって、従来のオンラインゲームの問題点って、

    • インターネット速度の問題(マルチプレイ時の遅延)
    • 同時接続のサーバー負荷(多数端末同時接続)

    などがあります。これが5Gで解決されれば、本当に快適なオンラインゲームを楽しむことができます。

     

     

    自動運転

    トヨタが自動車屋さんをやめると言っていましたね。これはびっくりしました。

    自動運転車ってほぼ動くパソコンみたいなもんなんです。トヨタさんは自動車を使ったサービスを作ると言っています。

     

    自動運転の必要な技術として画像解析による衝突防止やそれぞれの自動運転車の位置を把握することでより効率的な配車をすることができ、最適なルートを選択することができる。

    画像解析による衝突防止などはコンマ数秒の遅れが人の命に関わるので通信速度と容量が命です。今ままの通信速度ではアウトです。しかし、5Gではそれも可能になるかもしれません。

    電車や新幹線の時刻、混雑状況や事故の有無などを判断して最適な移動ルートを導き出すにもやはり通信技術の大きな発展が必要になります。

     

    人が運転しなくてもよくなった場合、自動運転車が日本中に走った時に必要なのは”サービス”です。

    人が運転しなくなったら日本人の人口に対しての車の絶対数は決まってきてしまいます。そうなると車の生産は必然的に低下するでしょう。しかし、そんな時に需要が伸びるのがそのサービスなのです。

    トヨタは自動運転と”fun to drive”に力を入れていて、ちゃんと未来を見据えているトヨタさんは本当に素晴らしいと思います。今までずっと日本のトップを走ってきたトヨタが車という軸を変え、ITを軸にするという大きな決断ができる柔軟性にとても感心しました。今後のトヨタに注目です。

    https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/20508200.html

     

     

    いくつか例をみただけでも未来すぎてやばいですね(語彙力)

     

    ここに挙げたものはほんの少しです。

    できること、組み合わされることが多すぎて紹介しきれません。

    ここにもいくつか例がありました。

    これらのもの全てがもう一つ上のステージにいきます。さらに高度に、便利に、快適になります。

    5Gが関わるものが多すぎておそらく意識していなくても何かしら5Gの技術に触れることにはなるかと思います。

     

     

    きっとここまでくれば5Gがなんとなく理解できたと思います。

     

    素晴らしい未来はもうすぐそこです。期待して待ちましょう。