クルマを捨ててこそ地方は甦る 便利なだけで車を使っていませんか? - inokawablog

クルマを捨ててこそ地方は甦る 便利なだけで車を使っていませんか?

なぜ車を捨てれば地方は活性化するのか?

いきなり本題に入るが、捨てるという表現は正しくないのかもしれない。

ただクルマを地方から捨てるというのではなく、適切な形で効果的に地方からクルマを締め出していけばその都市は活性化し再生されていく。

地方でシャッター街が増えたと言われているがその背景には郊外の大型ショッピングセンターの存在がある。

大型ショッピングセンターへ買い物をすることで地方へお金が落ちず、商店街は疲弊し、街全体が衰退していく。 しかしそれは、ショッピングセンターへ行くクルマという交通手段が大きな要因であるのではないだろうか。

さらに、車を持つことで郊外に住むことが容易になり、街の郊外化が加速する。

つまりモータリゼーション(車社会化)と郊外化した地方では、街の中心部の商店街がシャッター街化することがほぼ宿命づけられているのである。当然、郊外化すれば人々の車依存度はさらに高くなる。

つまり以下のような頭のループが起こるのである。最悪のループだ。

話はこんなに単純ではない。

車社会化が進むことによって地方都市のバスや電車などの公共交通を弱体化させる。それによりバスや電車は採算が取れなくなり地方の交通は発展しない。よってさらに車への依存度が高まる。

このような負のループがずっと続いている。

地方が交通の弁が悪いのは車社会化が進みすぎているという理由も一つにある。

地方マネーの行方

地方の大型ショッピングセンターで買い物をしたら、何割位のお金が地方に戻ってくるだろうか。

それは3割弱しか戻ってこない。一方、地元商店でお金を使った場合その7割近くもが地元に帰ってくる。

それによりその地域の商店やビジネスに流れていくマネーが縮小し地域産業はさらに縮小し地域の人々の所得はさらに低下していく。

つまり、チェーン店や大型ショッピングセンターでお金を使えば使うほど地元が疲弊していく。

活気のない街には若者は集まらない。よって人が都市部に移動し、人口流出が加速し、高齢化が進む。 地獄のような負のループが発生してしまう。 これらの理由から、今日の地方の衰退を導いている本質的原因こそ、人々の車依存である。

では、地方の街が活気を取り戻すためにはどうしたらいいのか?

歩行者天国でみんなが幸せに

それは、車線幅を削ることだ。 車道の幅を削り、歩道を拡大することで歩行者数が1割から2割程度増加している例がある。しかも、これは都市部だけの話ではなく地方にもこういった例が存在する。

また、調査では狭い道で車とすれ違うときに不快感を感じる人はとても多いという。 これは私の身近な例だが、静岡市の街中には一定時間歩行者天国になる場所がある。

その時には街に人が溢れているような感じになる。細い道に車が通っていると危険な場面に遭遇することも多々ある。不快になるのも当然だ。

もちろん歩道の幅が全てではないが、どこかで車を捨て去る姿勢を持ってまちづくりに臨むことが街の再生のためには必要不可欠なのかもしれない。

ちなみに、車線幅を削ると周囲に交通渋滞が起きるのではと心配する人もいると思うが、ご心配なく。もともとクルマを利用していた人々は公共交通機関を利用する人々になった研究結果が出ている。

つまり、街から車線を削っても大したデメリットはないのです。

ここで私の知っている地方の車と経済に関して話をする。これは実際に私の身の回りで起こり、大変だと思ったのでしっかりと書いておこうと思う。

少し長いので、いらない方は飛ばしてください。


山梨県で起こったことなのだが、山梨県には山梨県中巨摩郡昭和町に山梨県民なら誰もが知るランドマークがある。

それがイオンモールだ!!

このイオンモールができる過程で、実は自治体と対立していたんです。なぜ対立していたかというと、自治体や商店街にお金が落ちなくなるから。自治体からしたら怒るもの当然ですね。

しかし、自治体は当時経営不振に喘いでいた「ココリ」といういろんなお店が入っているビルをイオンに経営の面で立て直してもらうという条件でイオンモールを建てることを承諾します(プロパティマネジメント契約)。

そして、イオンリカー,未来屋書店といったイオン系テナントや、築地銀だこ,サンマルクカフェといった飲食店を誘致することで利便性を大幅に改善されたように見えました。
私自身ここには何度も行き本を読んだりして楽しい時間を過ごしました。

そして、2011年3月17日に満を持してイオンモールが開業し、多くの山梨県民が訪れるようになります。平日でも人が多く訪れ、ほとんどの人が車で訪れます。駐車場の広さをみたら少し驚くくらい大きいです。

そして、2017年11月23日に増床しさらに拡大し利益を伸ばし、山梨県民では知らない人がいないくらいの規模にまで成長しました。

それとは正反対の道をたどるかのように、甲府市中心街はどんどん寂れていきます。

甲府市民の憩いの場であった山交百貨店が閉店し、街には人の姿がほとんどなくなってしまいました。そして、ココリの未来堂書店は2019年に撤退しました。ちなみに、この未来堂書店はイオン系列の店舗です。

何とも皮肉な話ですよね。

これは分かりきっていたことだったんです。

車社会である山梨県になんでも揃うショッピングセンターを作れば人が集まるに決まっている。さらに競合となるところが一切ないので、独壇場になる。

しかし、イオンモールのテコ入れがなかったら、閉店がもっと早まっていたかもしれません。

何が悪いかはわかりませんが、自治体の怠慢が招いた事態であることは事実でしょう。


お金の問題

車は贅沢品と言われるがどれだけ贅沢しているが理解しているだろうか。

ここで少し車に関する費用の計算をしてみよう。とっても簡単で、多分小学生でもできる計算だ。

こちらに車とお金に関してまとめておいたので見てもらいたい。

どれほど車にお金がかかっているかわかるはずだ。

車に乗るメリットとデメリットは?

こちらも他の記事にまとめておきました。

ざっくり説明すると以下のようになります。デメリットの方がはるかに多く、しっかりと認識すると、あまり良いものとは思えません。

メリット

  • 遠出ができる
  • 生活の足になる

デメリット

  • 肥満になるリスクを1.4倍から1.5倍程度
  • 急性心筋梗塞や心不全、脳梗塞のリスクが増加
  • 車をよく使う人は急性心筋梗塞や心不全、脳梗塞のリスクの増加
  • 年間の車の出費は約544700円
  • 50年間運転すると、交通事故で誰かを殺めてしまう人が200人に1人

まとめ

少し長くなってしまったがどうだっただろうか?

私はこの問題に対して深刻に捉えている。地方が衰退していっていると嘆いてはいるが、その本質が車にあるかもしれないということに多くの人は気づいてはいないだろう。

なぜなら、地方衰退で困っている人たちでさえ手放せないものなのだから。

少しでも、車についてそして、自分の住んでいる地方について考えていただけたらなと思って書きました。

誰かのためになれば幸いです。