WordPressでGoogle Search Consoleの設定。プラグインなし。 - inokawablog

    WordPressでGoogle Search Consoleの設定。プラグインなし。

    忙しい人のために先に手順を説明し、そのあと解説をおこないます。

     

    まず、Google Search Consoleにアクセスしましょう。

     

    アクセスするとこのような画面になると思います。

    右側のURLプレフィックスに自分のサイトのURLを入れてください。

     

    するとこのような画面になります。

    そしたら下へスクロールし、HTMLタグと書かれたところをクリックし、

     

     

    <meta ~ />までをコピーしてheader.phpの<head></head>の中に貼り付けましょう。

    確認を押して終了です。

    2.で書いてあるように貼り付けて確認がとれたあとも<meta ~ />を削除しないでください。

     

    Google Search Consoleとは

    google search consoleの説明は、

    Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

    と書いてあります。

    Search Consoleの対象ユーザーは、ウェブサイトにかかわるすべての方が対象になっています。初心者からベテランまで、誰でもです。ウェブサイトに少しでも関わっているのなら使いましょう。

    Search Consoleは様々なことができるのですが、主なものとして、

    • HTMLの改善
    • サイトマップ、robots.txtの送信
    • Googleからのメッセージ確認
    • サイトへの来訪キーワードチェック
    • 外部リンクの詳細調査
    • モバイルサイトのユーザビリティ評価確認
    • Googleが認識しているサイトコンテンツ内キーワード確認
    • Googlebotクロールで起きているエラー確認
    • その他、サイトの問題確認

    などがあります。

    googleにサイトのページを認識してもらったり、ペナルティなどのメッセージが届いたりします。

     

    さらに、Search ConsoleとGoogle Analyticsで同じGoogleアカウントを使用している場合、連携することができます。

    Google Analyticsとの連携

     

    Google Analyticsで 管理 > プロパティ設定 の”Search Console を調整”をクリック

    アナリティクスとサーチコンソールの連携

     

    さらに、Analytics の Search Console の設定ページにある連携可能なGoogle Search Consoleを選択し保存すれば設定完了です。

     

     

    まとめ

    とても高機能なので書籍などで理解を深めるとより一層Search Consoleを使えるかと思います。

     

    Google Search Consoleを利用しているが、もっと理解を深め使いこなしたい方や、SEOの効果を損なわないサイトの管理や移転の方法を知りたい方はこちらの書籍がおすすめです。大変わかりやすく丁寧に書いてあります。