WordPressでSEO対策のプラグインを導入するならYoast SEOが良いと思う - inokawablog

    WordPressでSEO対策のプラグインを導入するならYoast SEOが良いと思う

    WordPressのSEOについてプラグイン導入を考えるときいくつかの選択肢があると思います。

    現在では多くの人が”All in SEO Pack”を使用しているのではないでしょうか。

     

    しかし、それぞれのサイトにそれぞれの状況が存在します。そんな時にみんなおんなじSEO系のプラグインを導入して良いのでしょうか?WordPressのSEOはどうしても複雑な話になりがちです。なので日本語記事の多さからAll in SEO Packを導入している方が多いかと思われます。

     

    確かに多くの人にダウンロードされているのですが、私はAll in SEO Packはオススメしません。

    他のSEO系のプラグインなどと比較せずにAll in SEO Packをインストールするともしかしたら損をしているかもしれません。

    賛否両論あるAll in SEO Packについて考察する。

     

     

    いくつかのSEO系のプラグインを考察して私がYoast SEOをお勧めする理由を紹介します。Yoast SEOはWordPressの公式トレーニング資料で紹介されているほど有名なプラグインです。

     

    日本語の記事が豊富

    迷った時・エラーが起こった時に頼れる記事があるのは大きいです。

    Google“All in SEO Pack”で検索すると 91,300,000 ヒットします。

    “Yoast SEO”で検索すると 4,290,000 ヒットします。

    “The SEO Framework” で検索すると 62,400,000 ヒットします。

    この結果からも圧倒的にAll in SEO Packが多くの人にダウンロードされており、世の中に記事が溢れていることがわかります。がしかし、実はAll in SEO Packの検索結果が多いのってエラーの対処だったりとか、こういう不具合が起きましたとかもたくさん含まれていて一概に「いい記事」ばかりが溢れているということではないんです。

    そもそも論ですが、エラーがでたとか困った時の対処法とかいう記事が出るほうが問題なんですよね。

    問題が起きない物の方がいいに決まっています。なので検索結果の多さが全てでもありません。

    Yoast SEOよりも検索結果の多いThe SEO Frameworkもとても素晴らしいプラグインです。

    検索結果は多いのですが、日本語で解説されている記事があまりないので日本人向けではないという点で“Yoast SEO”を推します。

    日本語記事の割合はおそらく、

    All in SEO Pack  >  Yoast SEO  >  The SEO Framework

    になっているかと思われます。他にも評価の高いSEOプラグインはあるのですが、やはり、日本語の記事の多さが重要になります。

     

    無料でも十分すぎる機能

    有料と無料を比較してみます。

    公式サイトから引っ張ってきました。

     

    Yoast SEOプレミアム(有料版)

    Yoast SEO無料

    キーワードの最適化

    キーワード、キーフレーズ、同義語、関連キーワード、およびそれらのすべての単語形式に対して最適化します。

     1つのキーワードまたはキーフレーズのみ

    ページの内容をGoogleに正確に伝えます

    新しい! schema.orgのデータを正しい方法で追加して、Google、Pinterest、その他のプラットフォームがすべてページの内容を正確に把握していることを確認してください。より高速なインデックス作成、豊富な結果!

    チェック!

    古いコンテンツはありません

    最も重要なページを監視し、6か月間更新されていない場合は警告します。

     すべてのページを手動で監視する

    ページのプレビュー

     Google、Facebook、Twitterのプレビュー。

     Googleプレビューのみ

    可読性チェック

    あなたが書いたコピーの可読性を分析し、Flesch Reading Easeスコアを計算します。

     チェック!

    パンくずリストを完全に制御

    投稿にプライマリカテゴリを設定し、ウェブサイトのすべてのページの分類決定できます。

     チェック!

    重複するコンテンツはありません

     正規のURLを設定することにより、Googleが重複したコンテンツと混同しないようにします。

     チェック!

    ブロックエディターとクラシックエディターで動作

     WordPressで投稿をどのように書いても、Yoast SEOはクラシックエディターとブロックエディターの両方で動作します!

     チェック!

    バックグラウンドでの技術的なもの

    robots.txt.htaccessファイル、クリーンなパーマリンクURL、またはサイトマップについて知っているかどうかは関係ありません。YoastSEOは、検索エンジンの技術的な構成が確実に展開されるようにします。

     チェック!

    Googleのアルゴリズム用に常に更新されます

    schema.orgのデータを正しい方法で追加して、Google、Pinterest、その他のプラットフォームがすべてページの内容を正確に把握していることを確認してください。より高速なインデックス作成、豊富な結果!

     チェック!

    内部リンクの提案

    あなたが書いているように、あなたのウェブサイトの他のページへのリンクの提案を取得します。

     リンクを作成するには、関連するページを手動で検索する必要があります。

    コンテンツの洞察

    私たちはあなたを示して5つの単語やフレーズ、あなたは彼らがあなたの選ばれたキーワードと一致しているかどうかを確認するために、あなたのページにほとんどを使用します。

     テキストが十分に集中していることを確認するために、テキストを非常に徹底的にチェックする必要があると思います。

    リダイレクトマネージャー

    古いURLを新しいURLに簡単にリダイレクトします。したがって、訪問者は404 Not Foundページで立ち往生するため、訪問者を失うことはありません

     ページを削除するたびに、自分でリダイレクトを作成することを考える必要があります。

    キーワードのエクスポートにフォーカス

     フォーカスキーワードとSEOスコアの明確な概要を取得します(CSVエクスポート)

    エクスポートなし。Webサイトをクリックして、このExcelダッシュボードを自分でコンパイルする必要があります。

    24時間年中無休のサポートへの1年間の無料アクセス

    すばらしい知識豊富なサポートチームへの24時間のメールアクセス。

     広範なFAQセクションとナレッジベースを使用できます。

    広告なし

    Yoast SEO Premiumには広告はありません

     他の素晴らしい製品やサービスの広告が表示されます。

     

    つまり、有料版でできることはこれくらいですかね。

    • (schema.org)構造化
    • キーワードの最適化
    • canonicalの設定
    • 古い記事の警告
    • 高度なパンくずリスト
    • 存在しないページでのリダイレクト設定
    • 24時間年中無休の素晴らしいサポート
    • 広告なし
    • ソーシャルメディアのプレビュー(ogpタグの設定)

    これくらいなら少しのプラグインと、直接書き込むだけで実装できます。完璧に同じとまではいきませんが。

     

    canonicalの設定

    WP External Linksのインストールから設定方法まで

    パンくずリスト

    WordPress 構造化マークアップ済パンくずリストを作成。コピペOK

     

    ogpタグの設定

    WordPressのOGPタグの設定(サンプル付)。

     

    まとめ

    1サイトに89$がなかなかいい値段設定だと思います。正直買ってもそんはないかなと。

    ある程度は他のプラグインと直接コード貼り付けで対応できるので、無料でできる分は対応した方が良いと思います。

    Yoast SEOのチュートリアルがこのサイトで大変綺麗にまとまっております。