WordPressをインストールしたらまずやること(ディスカッション設定) - inokawablog

    WordPressをインストールしたらまずやること(ディスカッション設定)

    WordPressをインストールしたらまずやること(表示設定)

    前回の表示設定に続いてディスカッション設定を行っていきます。

     

    設定  >  ディスカッション

     

    投稿のデフォルト設定

    この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

    投稿の記事内に、外部リンクを貼った場合、相手方にリンクを貼ったことを通知するかどうかの設定をします。

    チェックをすると、リンクを貼ったことが相手にわかります。通知したくない場合はチェックを外しておきましょう。特に通知する必要はないのでチェックを外しておいて大丈夫です。

    新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

    こちらは、”この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる”の受け取る側の設定です。

    通知がくるのが面倒な人はチェックを外しておきましょう。

    新しい投稿へのコメントを許可する

    私はコメント機能は必要ないと思います。コメントをやり取りする必要があるならチェックを入れましょう。

     

    他のコメント設定

    名前とメールアドレスの入力を必須にする

    コメント入力の時に名前とメールアドレスを入力してもらうことを必須にするかどうかの設定です。

    入力時の手間が減るのでコメントが減ります。それでもコメントをしたい人はコメントをするので私はあった方が良いと思います。

     

    ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

    WordPressでは、ユーザーを新規追加する際にユーザー権限を設定することができるので、コメントを投稿できるユーザーを限定することができます。

    ユーザー管理行っていない場合は、チェックは外しておきましょう。

     

    ○○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

    チェックして数字を入れると、入力した日数以上より前の投稿にはコメントすることができなくなります。

    必要ないと思うので、チェックを外しておきましょう。

     

    コメントを○○階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

    チェックをするとコメントを入れ子にします。好きな方を選んでください。一般的にはコメントは入れ子になります。下の図を参考。

    チェックをしていない場合

    チェックをした場合

     

     

    1ページあたり○○件のコメントを含む複数ページに分割し、○○のページをデフォルトで表示する

    コメントが増えてきたら複数のページに分割して、最初を表示するか最後を表示するかの設定です。

     

    ○○コメントを各ページのトップに表示する

    書かれたコメントは、デフォルトでは古いものから表示されます。新しいコメントを先に表示させたい場合、”新しい”を選択してください。

     

    自分宛のメール通知

    コメントが投稿されたとき

    コメントが書き込まれたとき、登録されたメールアドレスに通知が来るようにする設定です。

    コメントの通知は必要がないという人は、チェックを外しておきましょう。

     

    コメントがモデレーションのために保留されたとき

    モデレーションとは、記事に投稿された読者によるコメントに対し、管理者が内容をチェックしたりすることです。つまり、コメントが承認待ちの状態になったらメールを送りますってことです。

    複数人でブログを管理している場合に使われます。

    チェックを外しておいて大丈夫です。

     

    コメント表示条件

    コメントの手動承認を必須にする

    コメントが書き込まれた際に、手動で承認しないと表示されないようにする設定です。

    チェックした場合、コメントが投稿されると承認待ちの状態となります。

    承認待ちの時、コメントを投稿された方自身の画面上では「あなたのコメントは承認待ちです。」という表示がされ、他の人が同じブログを見たときには何も表示されません。

    面倒なのでチェックをする必要はないと思います。

     

    すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

    過去に1度でも承認したことのあるコメント投稿者からのコメントは、その後のコメントに関しても自動的に許可し、その他の投稿者のコメントは承認待ちにする設定。

    過去に一度承認した人でも、手動で承認したい人は、ここのチェックは外してください。

     

    コメントモデレーション

    スパムコメントを承認待ちにするための設定です。○○のところにリンク数を指定してください。

    “コメントスパムに共通する特徴のひとつに多数のハイパーリンクがあります”とあるように、確かにコメントスパムには多数のリンクが埋め込まれています。そのためのフィルターをする機能です。

    入力する際は、一行に一つずつ追加してください。もし空行を含めると、全てのコメントが承認待ちになってしまいます。

    また、項目書き込み欄に除外用語を書き込むことで、コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IPに、
    その文字があった場合、コメントを承認待ちにします。

     

    コメントの手動承認を必須にしていない場合は、設定しておいた方がいいかもしれません。

    コメントブラックリスト

    そのまんまです。入力欄に除外用語を書き込むことで、コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IPに、その文字があった場合にそのコメントをスパムと判定します。

    ブラックリストにマッチしたコメントは、破棄され、通知もされません。

    破棄されたコメントはブログ上に表示されませんが、データベースには [spam] として保存されます。

     

    コメントのスパム対策として、Akismetというプラグインがあります。

    コメント機能を使用している人はぜひ入れておいてください。

    アバター

    アバターの表示

    コメント欄にアバターを表示するかどうかの設定。チェックしておきましょう。

     

    評価による制限

    R指定です。画像が不快感を与える場合に制限する機能です。

    “G-あらゆる人に適切”で大丈夫だと思います。

     

    デフォルトアバター

    アバターのない人からのコメントの場合、仮のアバターを表示させる設定です。

    好きなものを選びましょう。

     

    最後に必ず変更を保存を押してください。

     

    コメントって色々面倒だなって思う方はコメント機能をオフにしましょう。

    次は、メディア・パーマリンク設定です。

    WordPressをインストールしたらまずやること(メディア・パーマリンク設定)